愛知にサンリオくるー?!

0
    170626_200257.jpg
    ユニー主催のサンリオミュージカルでシナモンもくるだと?!

    早速ユニコチャージして、3,000円のレシートを2枚用意して2口応募してきました。
    土曜日仕事…。

    休むぜー?!(当たればね)
    posted by: らんづ | - | 20:08 | comments(0) | - | - | - |

    いやいやだから普通に縫えるミシンがないって…

    0

      170525_225918.jpg

      タイラント「ままー、リコーダーケースのマジックテープのところ取れちゃったー。直して」

       

      いやいやいやコレ、もう直せるレベルじゃない。マジックテープ、根元から持ってかれてるじゃん。全部分解してマジックテープのところを縫い直して…なら行けるかもしれんけど、めんどくさい。作った方が早いんじゃない?

       

      タイラント「じゃ、作って」

       

      そんなにチョチョイと作れるもんじゃないって。…はっ!先日、コメントに「チョチョイのチョイと作れると思われて」る、なんて書き込んだけど、タイラントもわたしのことそんな風に作れると思ってたのか!大間違いだよ。不器用だからいつも苦労してるんだよー。うわーん。

       

      泣いても袋が復活するわけではないので、先日作ったichigojamバッグの余り布でリコーダー入れを作ります。

      作るにあたってなんかいろいろ言いたいことがあるようで、興奮して熱く語ってくれましたが…さすが小3。わけわからん。

      図面をよこせ、図面。

      書かせたらこんなん。(見えるかな)

      170603_213148.jpgなんだこれ。

       

      これまでランドセルのサイドベルトにリコーダー袋のマジックテープで留めてたとのこと。その部分が壊れたわけですな。

      家と学校でそのマジックテープを貼ったり剥がしたりしないといけない。図を見ながらよく話を聞いてみると、ランドセルから袋を外すのがメンドクサイから袋にマジックテープメスだけ・ランドセル側にマジックテープオスだけのものを作ってほしい、という内容でした。母親に似てズボラなアイディアだな!!

       

      …天才か!(便利そうじゃん)

       

      気に入った。便利なものを求める…これが発展・進化の原動力よな。(実際に作るのも作り方を考えるのもわたしでないならもっとよかった!相変わらずロックミシン縛りだしな!)

       

      そもそも、ロックミシンしかない状態でリコーダー袋本体の真ん中部分にどうやってマジックテープを取り付けるのか。

      そういえばいろいろな縫い方やアタッチメントもあるし何とかならんかな…と説明書を読み返してみると。端っこでなくても縫えるっぽい縫い方=チェーンステッチなるものを発見。表地には通常のミシン目・裏地では鎖模様。

      これだ!!

      170604_171918_ed.jpg

      針1本・糸2本。

      いろいろ部品を交換したり糸通ししたりして準備完了。(初めてなのでだいぶ時間かかった)

      170604_200712.jpg縫ってみた。​

      すっごい見づらい色の布で試し縫いしてごめんなさい。

      でも端っこじゃなくても縫える!これならいけそう!

       

      170604_162213_ed.jpg

      壊れた袋をだいたいの大きさの目安にします。

      90度を出すのに、その辺にあった附箋の台紙を利用します。

      170604_162258_ed.jpg

      ものさし?なにそれおいしいの?

      この状態でマジックテープを縫い付けてファスナーを付けて袋に縫います。

      そんなこんなで、袋完成。(普段袋とか作らないから、ファスナーの端っこの処理にたいへんまごつきました)

      170604_224848.jpg170604_224905.jpg

      袋はできたのですが、手持ちのマジックテープがない。

      材料がないからどうしようかむちゃくちゃ悩んだ。明日持ってくとのことでもうこれ以上どうしようもない…。その場しのぎのホルダを作りまして一旦完成とします。

      170605_001446.jpg

      もう1セットマジックテープがあればタイラントのアイディアを実現できたから残念だけど。

      今回はこれで使ってください。

       

       

      <翌日>

      マジックテープを買ってきて、タイラントの注文通りランドセルに付けました。

      …普通に端をかがりましたが、すごくばっちい縫い目になったので恥ずかしくて見せられません。

      マジックテープ2本と織ヒモで計3本。分厚くて縫うの大変でした。

      ついでに、リコーダーに対して袋が大きすぎたので少し小さくし、かわいいファスナーも買ってきたのでつけ直しました。

      170605_224453.jpg

      タイラントも思い通りのものができたと、音楽の授業がないのにランドセルに取り付けて持っていきました。

      posted by: らんづ | 縫い物・工作 | 23:59 | comments(2) | - | - | - |

      花フェスタ記念公園、行きました

      0

        今日は静岡のアスレチックに行く、と旦那ちゃんと子供たちで話していました。

        しかし旦那ちゃんが胃腸風邪をこじらせ、発熱。

        残念ですがお出かけは諦めてもらわないといけません。…といって子供が諦められるわけもなく、わたしが一人で連れて行ける範囲で都合のいいお出かけ先を考えました。

         

        そうだ、花フェスタ 行こう。

        立体遊具もふわふわもあるしバラも見頃。いろんな要素がひとつで済む。うん。

         

        170604_111426.jpg

        わー!きれいなバラー!

        ではなく、パネルです。これは東ゲート。

         

        朝早く行ったので、しばらく立体遊具は独り(二人)占め状態で遊んでいました。

        次はふわふわへ行き、そのあとはボールプール。

        アスレチックの代わりにはならないけど、ちょっとは満足してくれたかな?

         

        途中のバラ園も入りましたが、でっかいハチさんがブンブン鳴らして働いていることにビビりまくったネメシスが「もう行こう、もう行こう」というので花はほとんど見せてもらえませんでした。

         

        東ゲートのトイレ前にはおもしろい植栽がありました。

        170604_111251.jpg170604_111306.jpg170604_111229.jpg

        ▲左から みざる いわざる きかざる

        らしいです。何かの形かなー?と話していたら子供たちが「さるじゃない?」って言っていて。

        (「みざる」のプレートは文字がボケてて見えず、「いわざる」はプレートの部分がなくなっていて、「きかざる」だけきちんとプレートが残っていたので判明しました)

        何かの動物とは思いましたが猿とは思いませんでした。

         

        昼は前回も行った「花ひかり」で限定カレー。

        170604_120438.jpgローズペタルカレー@1,000

        また写真が縦った。見づらくてごめんなさい。

        前回のピンクのカレーはスパイシーでしたが、今回のは全然辛くなかった。カレーよりもシチューに近いんじゃないかって思うくらい。

         

        遊んで、お昼も食べて、お土産もみて。インドアのわたしが何時間も外にいて疲れちゃいました。

        帰る途中で花フェスタの出口からすぐのところにある川上屋さんに行くのも今回楽しみにしていたんです。

        栗きんとんで有名な店ですが、この可児の店ではカフェが併設されています。

        13:30だというのに駐車場もけっこういっぱい、カフェも満席。すごいな!わくわく!

        カフェはセルフサービスでした。先に席をキープしてから注文するんだって。

        右往左往してレジで注文している間に、わたしたちの後ろは長蛇の列に…。

        なんでそんなにおろおろしていたかというと。

        170606_073712.jpg

        思っていたメニューと全然違ったからです。

        これだけ?と思いました。ケーキは?おまんじゅうは?

        聞いてみると「店で買ったものだったらここのスペースで食べても良い」とのこと。おまんじゅうはおまんじゅう売り場に行って買い求め、ケーキはケーキ売り場に買いに行く…ってことですね。たとえばケーキ売り場はすぐ隣だけど、カフェで食べようと思ったら一度包んでもらって席につく必要があるっていう意味…?包んでもらってその場で食べるって…なんか悲しくないかしら。

        しかしそんな言われ方したら食べにくいじゃん、お腹の中はケーキでできあがっていたのに。

        仕方がないので気持ちは乗りませんが「咲久舎プレート」を注文したものの…テンションはダダ下がり。

        ネメシスも困ったようでわたしと同じものを注文しました。

        タイラントはどうしてもおまんじゅうが食べたかったようで飲み物だけ注文して、別途売場へ買いに行きました。

         

        テンションが下がったままのおやつは、ぜんぜん楽しくなかったです。

        カフェオレを注文しましたが、ドリンクバーでよくある感じのエスプレッソマシンで淹れたカプチーノみたいのが提供されてがっかりもしたし、タイラントが買ってきたおまんじゅうのほうがやっぱりおいしそうだったし、シフォンケーキには小倉がかかっていて「あずきあるからいらなーい」と、ネメシスの残飯処理するはめになったし。

        何より、片づける途中で別の人のテーブルを見たら、モンブランがわたしと同じプレートに飲み物とともに載っているではありませんか!どうやって注文したの?ケーキ売場で注文して買ったならわたしのプレートと同じ皿に載るなんておかしいよね。てことは、ちゃんとケーキを包んでもらわずに皿に盛ってもらって食べる方法があったんだ…。わたしの聞き方が悪かったのかな?それともお店の人が言っていたニュアンスをわたしが受け取り間違えたのかな。

        思い出してもショックで喉がつまります。

         

        がっかりしすぎて他の買い物もせずに車に乗りました。

        そういえば可児が地元の友達はいつも杏仁豆腐を買って帰るって言ってたけど、そんな気力もなくなりました。

         

        めそ。

        posted by: らんづ | テーマパーク・旅行・おでかけ | 15:30 | comments(0) | - | - | - |

        ねだっちゃった☆

        0

          誕生日に何がほしいと聞かれ、たいていは「別に」済ますワタクシですが数年に1度ねだることがあります。

          今年はねだる年でした(笑)。

           

          いちご新聞を見せながら「これ!」と見せたのはシナモンのゆかた。

          ちびでぶゆえに、洋服はサイズ的にも年齢的にも無理っぽいけど、和服ならいける。

          近頃は浴衣を着物風に着るのも流行ってると聞くし、それなら昼間っからのおでかけでも…ぐふふ。

          そんな底の浅い計算のもと、アラフォーであるという現実を忘れ旦那ちゃんにねだってみました。

           

          誕生日当日、おめでとうの言葉とともに「大入り袋」をいただきました。

          これで買っておいで、と。

           

          突っ返すのは失礼だし、気前よくくれたのなら買おう!

          で、仕事後ちゃっかりギフトゲートに繰り出しました。

          品切れだったらどうしようというのは杞憂だった。3着もあった。ほっ。

          (で、その分のキャラ大賞投票権はもちろんシナモンへ)

           

          かわいいー!

          涼しげ―!

          ありがとうーーーー!

           

          そうなると水色の下駄が欲しくなるというもの。けど下駄も見て回ってみたけど、ないわー。水色のもないけど、そもそもわたしの小さな足(22)に合ってくれるようなのサイズもないー。

          子供サイズも見てみたけどそっちでも水色なかったので、しばらく探してみようと思いました。

          posted by: らんづ | その他 | 16:20 | comments(2) | - | - | - |

          ロックミシン縛り

          0

            ゲームなどで自分に制限や禁止条件を設けて厳しい状況でプレイすることを「縛りプレイ」と言ったりします。

            家庭用ミシンなしの現在のワタクシ、先月購入したロックミシンしかありません。

            ここへ、発注きました。

             

            タイラント「ままー、ichigojamを学校に持っていくから、キーボードとか入れる袋作って―」

            ミシンが…ないよ?壊れたままだよ?急ぐなら10万ください、ミシン買うんで。

            まぁそんなことも言っていられないので娘のリクエスト通りの製作に入ります。

            ロックミシン縛りで。

             

            注文品:ichigojam本体・キーボード・ファイルノート・ケーブル類が入り、肩掛けにできるもの

             

            ロックミシンだけでも買っておいてよかった。

            ほんと、丸腰(ミシン1台もない状況)なら死んでた。

            170528_215116.jpg

            ▲880円のキーボードとケーブル類とファイル=コマンド/プログラム集、そしてichigojam本体

            これを、どのご家庭にもあるキルティングの布に載せてアタリをつけます。

            採寸なし。目分量。

            ichigojam本体は小さなポケットを作ってそこに入れ、ケーブル類は袋の端に入れられるスペースを作る予定。

             

            170528_215133.jpg

            ▲完成イメージができたら、フローリングの目に沿ってまっすぐ裁ちます。

            印すらつけてない。ずぼらもここまで極めれば立派だと思う。

            袋の脇を呪縛(ロック)…じゃなかった、ロックミシンをかけます。

            ※呪縛(ロック)とは、「カードファイト!!ヴァンガード」でのカードの能力。カードを裏返しにして行動不能にします。

            2センチほどのマチをつけます。

             

            どのご家庭にも残ってる在庫布のアムンゼンを裏地にします。

            キルティングと同じ大きさに裁って中表にし、どのご家庭にも落ちている2Wayストレッチの布を二つ折りにしたものをアムンゼンに挟み、表地と同様に脇をロックします。このストレッチ布はケーブルを入れておくゾーンになります。

             

            170528_234710.jpg

            どんでん返しの準備。

            (一部だけ、裏返しのために口を残してロック。L字部分のところが難しい)

            このとき、Dカンを通した織ヒモを待ち針で留めておきます。

            ichigojam本体を入れるポケットを、2Wayストレッチで作ります。

            このポケットは空中にぷらーんとさせるため、口のところにポケットを取り付けます。

            どんでん返しで裏表がどうにかなるので、気を付けて設置します。

            ※しかし気を付けていても頭ごちゃごちゃになって間違えたらんづさんは縫い直すことになりました。

             

             

            170529_015549.jpg

            ▲どんでん返してアイロンかけて返し口をまつり縫ってみたところ。

            たまたま、柄が合っています。計算通り+

             

            170529_020011.jpg

            ▲フタ部分を開けるとこんな感じ。

            ichigojam本体はこの後マジックテープをつけて不意の落下事故に備えます。

             

            170529_220020_ed.jpg

            ▲フタの部分と本体にマジックテープを付け、なんやかんやを取り付けて完成です。

            ちょっと寂しい気がします…。「裁ほう上手」でレース付縁取りでも飾ればよかったかなー。

             

             

             

            posted by: らんづ | 縫い物・工作 | 08:00 | comments(2) | - | - | - |

            バイオハザード ヴェンデッタを見てきました。

            0

              バイオのレオンさんが好きなワタクシ。

              5/27公開のCGアニメーション映画を妹と見てきました。

              バイオハザード ヴェンデッタです。

              CGアニメ映画3作目ですねー。

               

              ワタクシ、レオンさんが相当好きなんです。

              細マッチョなところとか、サラッサラの金髪とか「泣けるぜ」とか。死神とか言われてますが(ゲームでは確かにレオンさんとかかわったモブさんはもれなく死んじゃうので仕方ない)イケメンは正義。

               

              ところで今回の映画ではなんと!

              レベッカたんが出るんです。

              1で18歳くらいだったので、もう40近い設定のはずですが完全に童顔美魔女です。萌ゆ。

              シェリーはウィルスの影響とかイロイロで童顔でも納得だったけど、レベッカたんはなぜ…。(メリケンのオバサン風味なキャラデザされても、「誰?」ってなるけどさー)

              ピアノ間違えまくってた頃が懐かしいです。

               

              バイオ4以降、「怖い」より「キモチワルイ」にシフトしてきているバイオシリーズですが、今回はちゃんどヒヤヒヤドキドキする作品でした。

              内容はいいんだけど、敵さんの人間関係がわかんなくて。(妹が買った)パンフレット(@800)を見たら「そうだったんだ」ってなった。パンフを見ないとわからないってどうなんだ。

               

              DVD出たらまた買います。

              てかもう1作目の内容忘れちゃったので、娘たちが寝静まってから久しぶりに見ようかな。

              posted by: らんづ | その他 | 22:34 | comments(0) | - | - | - |

              ろーる殿のふわもこぱーてー

              0

                ふふふ、出かけてきました。京都の太秦…東映太秦映画村ですっ!

                本日最終日の「シナモロールのふわもこパーティ」です。

                しかも今日はですね、ピューロランドから品川紋次郎が来るんです!

                楽しみすぎて「朝6時半に家を出るぞ!」と宣言しました。(もちろん遅れました)

                 

                わたしの緻密な計算(アバウトです)により、8:58に駐車場ゲート前に到着、おそらく9時ちょうどくらいに駐車場に入りました

                …ら!!

                駐車場歩道の横にある「関係者用通路」に紋次郎・かぷえもん・しふぉ丸が!!歩いてきてるではありませんか!!

                窓を開けてシナモンのポーチを全力で見せながら「もんじろー!しふぉちゃーん!かぷえもんー!」と叫んでみました。(直線距離2m)

                3人とも、たくさん手を振って喜んでくれました!

                なにこれ、嬉しすぎる。てかこんなところで入りの紋次郎たちに会えるなんてわたしのくせに運よくない?!はふ〜。

                こ、これもけけ計算通りだから…っ!

                 

                 

                デジカメを忘れてきたことにへこんでいたりしましたが、元気になりました。

                そう、デジカメがないならタブレットがあるじゃない。

                愛用のガラケーがあるじゃない。(そもそもブログに写真をアップするのに一番手軽なのはガラケーだ)

                勇気が出ました。

                 

                そんなわけで入場して早速ふわもこパーティの会場に足を踏み入れる。

                20170516_233949.jpg20170516_234126.jpg

                ▲一緒に写真を撮れそうなパネル /年度別のシナモンのデザインやグッズなどの展示もありました。

                 写真撮ってるお嬢さん方も多かったです。

                20170516_234106.jpg170514_091112.jpg

                ▲(左)中央にはこんなでかいのも。最終日とあって、下の方が。。。

                (右)モカちゃんのパネルもある〜!かわいい!

                 

                解像度落としてるので見づらいかもですが、茶店「もか屋」のパネルです。ピューロにもあったね。

                紋次郎たちの紹介文も展示がありました。

                20170516_235629.jpg20170516_235654.jpg

                気合入ったシナモンファンのの方々が散見される中、ワタクシには気になっていたことが。

                本日の紋次郎とのハイタッチ会は「江戸の町など」となっていて、どこで開催されるかよくわからないのです。

                インフォメーションで訊いたら親切・丁寧に教えてもらえました。

                よしよし、とりあえずこの今いる建物で1回目ね。

                じゃ、2Fに行ってともかく本日の目的のうちの一つをさっそく実行せねば。

                170514_205449.jpg170514_205707.jpg

                ▲ほねほねシナモロールの手ぬぐいです。しっぽのホネがくるんってなっててカワイイ!

                 一緒に、風呂敷バッグを買いました。もかちゃんカワイイ…(はぁはぁ)

                 ほねほね手ぬぐいはお店に行ったときに置いてなくて。店員さんに「すみませーん、在庫ないですかー?」って聞こうとしたら同じ商品をお求めのお嬢さんが半テンポ早くお尋ねでした。便乗して手に入れることができました〜。もう一つのデザインのは妹への土産にしました。(見たい時に眺められるのでよし)

                 

                まだ時間があったので入口にあるプリキュアを眺めてきました。

                170514_094013.jpg170514_094027.jpg

                キュアハートさん…この写真ではわかりにくいけど、スカートのすその糸がほつれていてたいそう気になりました。

                スパッツを凝視したら、2WAYストレッチの布が接着剤で貼り付けてありました。なるほど。まぁ本当の洋服みたいに作る必要ないもんねえ。

                キュアミラクルさん…靴はこうなっていたのか!すると気になるのはスカートの中。もちろん、中を覗き込んできました。通報されなくて本当に良かったです。

                 

                 

                娘たちはふわもこパーティの中にあったボールプールで、壁の穴に一生懸命ボールを投げて遊んでいます。(入ると光る仕組みになっている)

                旦那ちゃんは飽きて探検に繰り出してしまいました。

                午前10時が近づくと、人垣や列が形成されていきます。参入、そして旦那ちゃん召喚。

                わたしは至近距離(ポールで仕切られてる内側)撮影禁止であるハイタッチ会に参加をするため、外側から旦那ちゃんに紋次郎たちの撮影を(タブレットで)お願いしました。

                20170517_000001.jpg

                ぶっふぁー!!かわいい!!

                しふぉ丸がチラ見えしてるところがまたいいね!!旦那ちゃん、うまいこと撮ったな!

                そうしてワタクシは無事ハイタッチをしてまいりました。

                 

                次。

                アトラクションに行こうということで、道路を渡った向こう側にあるアトラクション広場を目指しました。

                3月にオープンしたという「刀でgo!」とか面白そうだよね、ということで向かいました。

                行列苦手な旦那ちゃんはgoで数人並んでいるのすらイヤみたいで、そのお隣にあった「おもしろ迷路館」へ先に入ることにしました。

                ところが、靴を脱ぐ段になって場所見知りのネメシスがイヤダコワイと言いおる。またか。もうチケット渡しちゃったっつーの。

                タイラントは食べ物見知りと人見知りだから場所見知りではないので、「そんなん、大丈夫だって!」と上から目線。オマエ初めての食べ物もそうやってちゃんと食べれ。

                話がそれましたが、なんとかなだめすかして入館。通常500円(子供400円)ですが、アトラクションの回数券を買ったので実質400円(子供300円)です。

                20170517_002959.jpg

                ▲錯視が利用されていたり、展示してあったり。

                いろんな科学館でしょっちゅう目にしているので、場所見知りが解けて楽しみ始めたネメシス(左手前)。

                 

                20170517_003012.jpg

                ▲この部屋はすんごい斜めになっていて、平衡感覚を壊してきます。

                 これが苦手な旦那ちゃん(体は鏡の間にある)、まだ入室してないのに体が斜めっていて転びそうになってます。なんでさ。

                 

                けっこう楽しんで出てきたのに子供たちは「えー?もう終わりー?もういっかい行きたい」と人の財布も考えないで気楽なことを言ってきます。さっきさんざ抵抗してたのはどなたでしたっけ。

                 

                そんな戯言をきれいにスルーし、隣の「刀でgo!」に入ります。

                ここも料金は大人500円子供400円ですが回数券で実質100円引きです。

                入場すると刀を模したポリ風船を持つことになります。持ち方も「こう」と教わります。

                センサーの付いた人形なんかを叩いたり、飛び石を渡ったり。狭いところに入ったり。

                最後はこれ。

                20170517_003022.jpg

                ▲シャボン玉を刀型ポリ風船で滅多打ちにするというゴキゲンなアトラクション。

                ずっと笑顔でシャボン玉を叩き斬って…ドサクサまぎれに旦那ちゃんを攻撃していました。

                 

                次は「からくり忍者屋敷」に行きました。

                ここも有料です。アトラクション回数券を利用しました。

                残念ながら撮影禁止なので文字だけでお送りします。

                ある程度の人数がそろうと靴を脱いで入場し、中で仕掛けなどの説明を受けます。

                その後グループごとに分かれて、案内された順に中に入ります。

                まるでリアル謎解き。1本道なのですが、出口がパッと見…じっと見る程度じゃわからないのです。

                大人よりも子供の方が解きやすいのでしょうか。タイラントとネメシスがどんどんクリアしていってすごいなと思いました。

                そして最後は旦那ちゃんの苦手な斜めの部屋。ひーひー言っていて面白かったです。

                 

                お化け屋敷いこう、お化け屋敷いこう、と旦那ちゃんがうるさかったのですが断固拒否。

                ゾンビだったら大丈夫だけど、お化けはダメ。ゼッタイ。しかも役者がお化け役でしょ?コワイに決まってる。行きたいなら一人で行ってよね。(1人で行くつもりはなかったようです)

                 

                ところで手裏剣って当たらんものですね。

                わたしは矢も当たりませんでしたが、タイラントは矢を5発中1発当てました!すごかった…!

                 

                あー…そろそろ2回目の紋次郎のグリ時間なんですが…ダメ?1回みたからもういいでしょって?どうしてもだめ?あ、はい。

                涙をこらえて我慢しました。

                 

                そのあとは「レーザーミッション脱出の城」という有料アトラクションに入りました。

                ここも回数券使用、撮影禁止。

                うーん、よくわからないうちに終わりました。。。

                 

                次は「立体迷路 忍者の砦」に行ってみようということで、入口の建物に戻りました。

                ここも有料アトラクションで回数券対象です。撮影禁止。

                迷路…かなり迷いました。ぶっちゃけ15分以上楽しんでしまいました悔しい。

                3つスタンプを集めないといけないのですが、3つ目のスタンプが…騙されました。タイラントのおかげで出ることができました。

                 

                ちょっと腹ごしらえをするうち、3回目のグリ時間が迫っていることにヒヤヒヤするワタクシ。

                「この向こう側で紋次郎たちのハイタッチ会あるから…」と平静を装って言うと、さっきの我慢のおかげか返報性の原理のおかげなのか、みんな反対せず付いてきてくれました。

                そして13:30。グリーティング時間になったら急に。

                「助けてください!!」と町娘が飛び出してきた!

                追いかけてくるならず者2人。

                そういえばちょっと前のシナモンのツイッターで、映画村から文が紋次郎に届いてたなぁ。

                IMG_20170517_164156.jpg

                ▲2017.04.24シナモン公式twitterより

                 

                そこへ司会の人が「みんなで紋次郎を呼んで、助けてもらいましょう!」

                自然な流れ(笑)で紋次郎たちの登場!

                20170517_003105.jpg

                腰に下げたおだんご剣(誰だ、ぜんまい某とか言うの?!あとで職員室に来なさい)を振るってならず者たちにごめんなさいをさせてお友達になりました。

                20170517_003114.jpg

                ならず者役の役者さん、おだんご剣に斬られるの大変だっただろうなー…。2回目のグリーティングも見たかった。

                そんな楽しい一幕の後、ハイタッチ会が行われました。わたしも参加してきて、だんご剣触らせてもらいました。…すごく…固かったです…。

                 

                すっかりゴキゲンとなったワタクシ、次は「太秦トリックアートの館」へ入りました。

                絵なのに立体に見えてしまうという、アレです。

                回数券を使いました。

                20170517_003031.jpg

                ▲左側にいるのがネメシス(小1:身長107センチくらい)、右側にいるのがタイラント(小3:身長118センチくらい)

                遠近感のおかしくなる写真が撮れたり。

                 

                20170517_003053.jpg

                ▲鏡じゃないのに、鏡みたいに見える…(ガラスも何もなく、向こう側に線対称の同じ部屋がある)

                手前がネメシス、奥がタイラント。

                カバンも、上に着ている服も同じだから鏡みたいに見えちゃいますね。

                 

                 

                子どもたちの強い希望で、初めに行ったアトラクション「おもしろ迷路館」へ。

                もう最後にするつもりだったので回数券は買わず、この場で現金で支払いました。

                なぜバレたのかわかりませんが、「今日2回目ですね」と係の人に言われて最初の説明をキャンセル・すぐに通していただけました。恥ずかしい。

                楽しく過ごし、出てくると旦那ちゃんがかき氷を買うと言い出しました。

                ワタクシは父に自慢してやろうと目論んでいたので、一人だけこれを買ってきました。

                170514_142314.jpg

                ▲いんろうアイス(300円)

                (あいす…ってひらがなだっけ?)

                モナカにアイスを挟んで入れただけのものですが、水戸黄門好きの父に写真を見せて羨ましがらせるために買って食べました。

                 

                その後、旦那ちゃんが子どもたちと約束させられていた「キッズランド忍ジャングル」という子どもひろばに行かされました。

                ここはアトラクション券が使えないので現金精算です。大人二人も入ることないと思ったので、外で荷物持ちを担当することにしました。その間、シナモンのおみやげをゆっくり見てきました〜。

                みんなもお土産を見たいというのでショップに立ち寄ったら旦那ちゃんが真剣な顔をして曰く。

                「どうしてもクレープが食べたい…!」(←食べたいけど、買うのが恥ずかしいからわたしに買わせたい)

                店に移動してクレープを3人分求め、15:25に近くの椅子へ旦那ちゃんと子供たちを座らせたワタクシ。

                15:30からのグリーティングに行ってくることにしてクレープ組を置いて4回目のグリ会場へ。

                しばらくして現れた3人。

                170514_152652.jpg170514_152707.jpg

                かわいい〜〜!

                今日1日これしか言ってない気がしますが、カワイイ。

                紋次郎にそっくりのサンリオキャラ=シナモロールがキャラクター大賞1位になることを祈って映画村内の神社に参拝します。

                20170517_003126.jpg

                ▲2拍手のとき、手が届かないので体で「ぱん、ぱん!」ってやってる様子に、周りから「かわいいー!」の歓声が!

                 かわいさのあまり、ワタクシも卒倒するかと思いました。

                まぁもうハイタッチ会はいいかなー、と思ってそっと人だかりを離れました。

                …クレープ組はまだクレープ食ってました。

                そして、「もう食べれん」と幼女の食いかけクレープを(結局二人分)押し付けられました。

                すっかり水分を持って行かれたワタクシ。

                飲み物が欲しい。

                そこで、買い求めました。

                 

                最後までワタクシが気になっていたこちら。

                170514_154017.jpg

                ▲御用ジュース(400円)。

                中身はジュース3種類くらいの中から選べます。プラコップが中に入っています。この容器ごと持ち帰り可。

                 

                これで「楽しかったねー」とぶらぶら駐車場に入り歩行者通路を進んで、我が家の車を目指したらなんと!!

                おそらく16時ちょうどくらいに駐車場に入りました…ら!!

                駐車場歩道の横にある「関係者用通路」に紋次郎・かぷえもん・しふぉ丸が!!歩いてきてるではありませんか!!

                「もんじろー!しふぉちゃーん!かぷー!」と駆け寄りました。(直線距離4m)

                3人とも小走りしてこちらに駆け寄って来てくれました!ぴょんぴょん跳んで喜んでくれました。

                フェンス越しにタッチしたりなでなでしたりして、お礼を言ったりでさようならできました。

                 

                満たされた―!はふーー!!

                朝も帰りも、こんなところで会えるなんて思わなかったからほんっとうに嬉しかったです。

                 

                子どもたちもアトラクションがすっごく楽しかったみたいで、映画村を気に入ったようです。

                課金が重くなければねぇ…また来ようねって気軽に言えるんだけどな…。

                 

                posted by: らんづ | テーマパーク・旅行・おでかけ | 17:00 | comments(4) | - | - | - |

                岐阜市科学館

                0

                  科学館ばっか行ってるな、って言われそうですがそんなことはございません。

                  ホラ、5/3も5/5も、行ってないじゃん。(説得力なし)

                   

                  というわけで、今日は岐阜市科学館に行ってきました。

                  旦那ちゃんは昨日友達と遊んだり、子どもたちにボウリングに連れていかれたりと散々だったせいか、朝からくたびれていたので家でのんびりさせてあげました。

                   

                  「…来週の日曜は…期待してもいいのかな?京都とか、太秦とか」

                  『う…う、うん』

                  というやりとりがあったので娘たちを引き連れて出陣。

                  早めに帰ろうね、と言って家を出ました。昼ごはんの頃に帰ろう。

                   

                  というわけで科学館が開館してすぐ、到着しました。

                  すると段ボールクラフトをやってるという案内があったので、せっかくだし…といってみることにしました。

                  1時間ほどの工作だそうです。(@200)

                  実施する部屋に入ると…まぎれもなく理科室!まるっきり理科室!

                  ビーカーが!三角フラスコが!おおおお!と3人で盛り上がっていると、スタッフの方が棚からわざわざ上皿てんびんを出して見せてくださいました。

                  今の子たちは理科で上皿てんびん使わないんですって!!(驚愕)キッチンスケールみたいなデジタル表示のはかりを使うんだそうです。えー?!あの分銅が「手で触っちゃいけない」っていう縛りがワクワクするのにー。

                  で、スタッフさんがその上皿てんびんにテキトーなものを載せて、子供たちに使い方を教えてくださいました。

                  わたしは内心かなりはしゃいでいました。理科室の道具って、なんか興奮しませんか?

                  …と、そうこうするうちに時間になったのでクラフトが始まりました。

                  170507_101108_ed.jpg

                  ▲型抜きしてある段ボールを切り離し、組み立てていきます。

                   日替わりだったみたいで、今日はチワワでした。

                   しっかりと説明していただけるので、1年生でもできました。

                   

                  170507_104446.jpg170507_105957.jpg

                  ▲組み立てたチワワに、思い思いに色を塗っていき完成です。

                   

                  2F展示室でいろいろ遊んでいると、実験ショーの時間になりました。

                  せっかくだし…と実験ショーの会場に入ると、これまで見たことないくらいたくさん人が入っていました。

                  今月のテーマは「風」。ドライヤーやブロワー・空気砲などで楽しませてくれました。

                  娘たちは「全然当ててもらえない、おもしろくなかったー」と頬を膨らませていましたが。

                   

                   

                  最新塗り絵や奥の展示室で遊んでいると、第2回の実験ショーのお声がかかります。

                  (1回目終了後から1.5時間くらい経っている)

                  すっかり実験ショーにふてくされていた娘たちは「だって、ぜんぜん当ててもらえないもんー。つまんなーい」と演者である先生に直接苦情。わたしがハラハラしていると、先生は気を悪くするでもなく「見に来てくれる子が少なかったら、みんなに体験してもらうから」と言ってもらえたので少しご機嫌を直したのかショーに向かうことにしたようです。

                  1回目よりも人がぐっと減って、いつもの感じ。そうそう、これくらいだよね。岐阜の科学館は。これぐらいだからアットホームな実験ショーを楽しめるのよねーと内心。

                  さて、実験ショーは娘たちが聞いた通り、やりたい子がみんな参加できるショーになりました。

                  20170517_003618.jpg

                  この写真自体は実験ショーの後並べば希望者にやらせてもらえたものです。

                  とても満足していた様子でした。よかったね。

                  うちの子は生意気な子供たちですが、帰りに「また来てね」と丁寧にご案内いただいたので、嫌がられていないとホッとしました。

                  やっぱ実験ショーは岐阜の科学館がいいなぁ。

                   

                  ショーの後もしばらく遊んでいたのですがお腹も空いたしもう帰ろうとしたら。

                  1F出入口のあたりで工作会が実施されていました。

                  時間があるならぜひ、と声をかけてくださったので行ってみました。こちらは無料で体験させていただきました。

                  20170517_003744.jpg

                  ▲短冊を組み合わせると、ぱたぱたと開く不思議な本ができます。

                   

                  20170517_003705.jpg

                  ▲ほめ上手な先生の指導を受けた万華鏡(?)。接眼側に偏光シートを貼って、筒を覗くと、向かい側の黒い紙に開けた穴から入る光が虹(プリズム)に見えるというものです。

                   

                  他にもいろいろあったのですが来たのが遅かったため、あとはレーザーで木にイニシャルを焼き付けていただいたといお土産を持って帰るのみとなりました。ちょっと残念だったけど、終了時間すぎまで先生方がお付き合いくださいました。ありがとうございます。

                   

                  あまり乗り気でなかったように見えたチワワは、二人とも玄関に飾ってパパに見てもらい得意になっていました。

                  posted by: らんづ | みゅーじあむ | 18:30 | comments(0) | - | - | - |

                  リニューアル後、初めて行きました。

                  0

                    昨年11月から1月までお休みしていて2月から再開したでんきの科学館。

                    再開後初めて行きました。

                    確かビルの耐震化でお休みしてたと思ったのですが、ちょっとはリニューアルしたのかな?と思ったけれど全然変わっていませんでした。というか、展示物が若干減っていました。

                     

                    とはいえ↓こういう基本的な解説のものがなくなったりしていないのはよかったです。

                    ▲電池の仕組みを紹介する展示。

                     子供がじっくりこんなの解説見るわけない。

                     でも地味にわかりやすいように工夫してあるんだなぁと思いました。

                     

                    今日はこんな工作をしていました。

                    針金にわっかの磁石を通し、針金をリング状にします。

                    磁石にはキラキラのテープを羽のようにくっつけておきます。

                    そうしてリングの上の方に磁石を持ってくると。

                    磁石がくるくる回りながら落ちていくので、針金をうまいことまわしてやると、ずうっと磁石がくるくる回って落ちていくというゴキゲンなおもちゃになります。わたし、娘から預かっている間ずっと遊んでいました。楽しいです。

                     

                    今日は珍しく少し早く帰りました。

                    娘たちは午前中友達と遊びに行った旦那ちゃんを責めまくって、ボウリングへ行く約束を取り付けていたからです。帰宅後少し休んでから出かけていきました。

                    わたしは…別行動を許されたので自分の用事で出かけることにしました。

                    名駅での用だったので、ついでにゲートタワーに出向いてサンリオを覗いてきました。

                    名古屋限定シナモン…エプロンと帽子を脱いで(休憩中?)小倉トースト食べてる感じのがあってすっごく可愛かったー!!

                    いろいろ買いたかったけど、わたしへの誕プレでシナモングッズを買い込んだということだったので、レジャーシートだけ買って帰りました。

                    posted by: らんづ | みゅーじあむ | 22:20 | comments(0) | - | - | - |

                    混雑日のサイエンスワールド

                    0

                      不吉な記事がありました。

                      ゴールデンウィークは混雑するから希望の体験がとっととなくなってしまう可能性があるよ、というサイエンスワールドのHPに書かれた案内。恐ろしい。そんなに混むんだ。ってことは相当早く到着したいところ。それに計画練っておかないと!というわけで。

                       

                      緊急家族会議 召集。

                       

                      入館したら二手に分かれてママはこっち、パパとタイラントはこっち、その後タイラントはここで予約を…と真剣に語り合いました。(よそ様から見たら非常に下らんことですが。)到着予定8:30で行動するという結論に至りました。

                      で、(弁当でてこずり)予定より少し遅れて出発、「まぁヨユウ見てたからこんなもんかな」と思ったら高速道路にまさかの渋滞情報が。

                      「中央道故障車のため土岐から渋滞6km約30分」

                      なんだってー!!

                      車内に広がる動揺。どうする?帰る?目的地を帰る?

                      到着してみれば、サイエンスワールド敷地内の駐車場最後の1スペースに停めることができました。我々よりも遅く来た方は別の駐車場に案内されていました。こ…これはぎりぎりセーフ…なのか。

                       

                      家族会議の決定の通り二手に分かれ携帯でリアルタイムのやり取りをしながら体験メニューの予約をするわたしたち。

                      …前日に家族会議してまでサイエンスワールド攻略をする家庭はうちくらいだと旦那ちゃんは苦笑していました。よそはよそ、うちはうちです。

                      本当にすごい大混雑でした。

                      9時ほんの少し過ぎくらいに着いて駐車場ラス1なんて初めてだということからも、ケタ違いの混み具合と実感します。

                      サイエンスワールドの当日予約は、体験名と開催時間が書かれている一覧表に自分の名前を備え付けてある鉛筆で書き込むというシンプルなもの。ここで名前を手書きすることで順番待ちが発生し、行列に成長します。

                      わたしは「工房2」の予約担当だったので列に参加したのですが、当時でもう4〜5メートルくらいになっていて、本当に予約ができるのか相当不安になりました。一覧表は最前列であるテーブルにかなり近づかないと見ることができないので、わたしだけでなく並んでいる人たちみんなソワソワしていたと思います。気の利いたスタッフさんが「10時からの回、10時45分からの回、11時半からの回はすでに満員となっています」と。

                      「ラボ3」担当の旦那ちゃんもけっこうな列が形成されていたみたいです。

                      昨夜の家族会議の甲斐があったのか、テキトーなやりとりでも時間が被らずに予約することができました。

                      希望の時間にこそならなかったけれど、家族会議で話し合っていた分の予約は全て取れました。

                      チラシに内容が書かれていなかった日替わりの工房メニューができなかったのはおもしろそうだったのに残念でした…。

                       

                      午前はわくわくワークショップを攻略しました。

                      「びっくりロケットコップ」

                      ▲紙コップを2つ使い、一つは発射台、一つに輪ゴムを2本クロスしてかけてロケットに。

                       

                      「キラキラ立体ごま」

                      写真ないけど、厚紙と竹串、1センチ角に切ったホログラムの折り紙3枚を使ってこまをつくる。

                      回すとホログラムが浮いて見える…?

                       

                      「ピコピコカプセル」

                      ▲カプセルの中に小さな鉄球が入っていて、坂を転がすとデジタル的な動きをするもの。

                       ピタゴラスイッチでありそうな感じ。

                       

                      「コイのたきのぼり」

                      GWにちなんで、こいのぼりの絵などが描かれた紙が2本の糸を上っていくというおもちゃ。

                      名前がわからなかったので調べたら「登り人形」というみたいですね。

                       

                      「オーブンマジック」

                      いつものメニューにある、プラバンです。

                       

                      「紙飛行リング」

                      短冊状の紙2本をリング状に巻いて、二つのリングを2本のストローでつないで飛ばす紙飛行機(?)。

                      これもときどき登場する、いつものメニューのうちの一つです。

                       

                      「ペットボトル空気砲」

                      これおもしろかったです。自宅でもやりたいです。ろくな写真が撮れてないのがくやしいです。

                      500mlのペットボトルの底を切り取って風船を取り付け、風船をひっぱって急に手を離すとペットボトルの口から勢いよく空気砲が放たれるというおもちゃ。人に向けて撃ってはいけません(笑)。

                      自宅でも簡単に作れそうなので、気が向いたら作って写真を撮ろうと思います。

                       

                      わくわくワークショップも、いつもよりもたくさんある気がします。さすがはGW。

                      レストコーナーも混むと困るので、早めにお弁当を食べることにしました。

                      今回は旦那ちゃんがいるので少し量を増やしたのですが、全然足りなかったみたいでボヤいていました。

                       

                      そして午後からは予約メニュー。

                      12:30〜13:15「ガリガリお宝ハンター」@200

                      隠されたお宝を、道具を使って発掘します。

                      ▲サイエンスワールドのスタッフさんが作った土(?)ブロック。

                       サイトの動画に作る様子が載っていて、何週間もかけて作ったのが数分〜十数分で破壊されるのには「あはれ」を感じざるを得ません。

                      ▲こんな道具を使って削り出し、最後は歯ブラシで土を取り除きます。

                      ▲最後はケースに入れて持ち帰り。

                       当たりだとレア石だったり3個入りだったりしたみたいですが、ハズレちゃいましたね。

                       

                      ちなみに旦那ちゃんが楽しみにしていたのがこのお宝ハンター。

                      「思ってたのと違う」かなりしょんぼりしていたけれど、逆にどんなのを期待していたのか知りたい。

                       

                       

                      13:30〜14:15「保冷剤マジック」@300

                      保冷剤のもと=吸水ポリマーを使って実験と工作をします。

                      ▲こちらが用意されていた材料。粉末に見えるのが高分子ポリマーです。

                       説明もあるのですが、小さい子たちはもちろん聞いていません。笑。

                       

                      ▲まずは実際に保冷剤を開封して、どんなものが入っているのか確認。

                       

                      ▲ポリマーにいろみずを注ぐと、あっという間に吸収されてしまいます。

                       

                      ▲もう少し入れてよくまぜると、こんな状態に。

                      これを使って消臭する置物をつくります。

                       

                      ▲吸水ポリマーをすくってビンに入れ、飾りを配置して出来上がり。

                       写真では見づらいのですが、猫と草が入っています。(作:ネメシス)

                       

                      14:30〜15:15「ふりこを極め、ふりこでアート」@100

                      わたしと妹、タイラントとネメシスは4/23に体験したワークショップ。

                       

                      ▲なんか、材料少なくない?ビー玉(大)だけだよ?

                      どうやら、GW中は実施回数を増やすために短縮バージョンでの開催だったみたいです。

                      小さいビー玉の素敵実験器具はありません…残念。

                      これも旦那ちゃんが楽しみにしていたので、ちょっと気の毒でした。

                       

                       

                      15:45〜16:15「ぷるぷるボール」

                      要は人工イクラ。以前わくわくワークショップでは「マイクロカプセル」って名前だったかな?

                      それだけなら予約しないのですが、今回はその巨大バージョンということで体験しに来ました。

                       

                      ▲まずはいつもの。

                       手前の左側のボールが「塩化カルシウム」。丁寧なことに名前が書いてあります。

                       奥のプラコップの中身がアルギン酸で、絵の具か何かで色が付けてあります。

                       ストローで塩化カルシウムのボールにアルギン酸を滴下すると丸くなる…といういつもの。

                       

                      ▲今回はそのプチプチを、さらに包んで巨大なプチプチ(日本語おかしい)を作るのです。

                       それだけじゃありません。

                       

                      ▲作った巨大プチプチを破壊する実験までやりました。

                       (2個作って1個を破壊、1個は持ち帰りました)

                       

                      この体験が終わるころ、スペシャルワークショップの液体窒素の実験ショーが始まっていたのですが、今回も見させてもらえませんでした。旦那ちゃんが「もう…いいよね?」とギブアップのご様子。うん、朝からお疲れ様でした。おかげで子供たちもたくさん楽しめたようです。

                       

                      posted by: らんづ | みゅーじあむ | 16:45 | comments(0) | - | - | - |